十可山房集

十可山房集

じゅっかさんぼうしゅう

 

10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)が、慶応元年(1865)から明治3年(1870)までに詠んだ漢詩110首を収録した詩文集。福田公亮(東洛)による朱字添削あり。十可亭は、佐賀城下北郊にあった鍋島直正の別荘の名称。

明治時代初期頃(19世紀後半)
鍋島直正

竪25.5cm 横17.9cm


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ