収蔵品紹介

長崎海軍伝習所絵図

ながさきかいぐんでんしゅうしょえず

正式名称は「長崎海軍傳習所 練習艦観光丸 並出島和蘭屋敷図」。安政期の伝習所の考証復元図。海軍伝習所は長崎の西役所(現在の長崎県庁付近)におかれ、安政2年(1855)から同6年まで、2期4年にわたって伝習が行われた。伝習の内容は海軍軍事技術の他、汽鑵、化学、医学、測量等にまで及んでいた。出島の先に黒煙をはいている船はオランダから提供をうけた木造外輪蒸気船スンビン号(のち観光丸と改称)である。

昭和時代初期
陣内松齢

竪119.0cm 横166.0cm


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ