収蔵品紹介

蒸気車雛形

じょうきしゃひながた

佐賀藩精煉方が蒸気機関研究のため、安政2年(1855)に製作に着手したとされる蒸気車の雛形。2気筒の蒸気シリンダーを有するが、ボイラーは単管で蒸気の発生量は少なく、動力の不足を補うため、歯車の組み合わせによるギヤチェンジを行っていたと思われる。

安政2年(1855)


(蒸気車本体)最長39.8cm 最高31.5cm 幅14.0cm

掲載図録

●図録「蒸気軍艦を入手せよ!!」(平成27年)


掲載図録はこちら(●図録「蒸気軍艦を入手せよ!!」(平成27年))

  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ