収蔵品紹介

篤志看護婦人会制服

とくしかんごふじんかいせいふく

篤志看護婦人会の制服。身頃・袖飾りラペル・ペプラムは黒タフタ地。襟・カフスは白木綿地。胸元・袖口にコバルトブルーのバイアステープをパイピングする。スカートはゆるいフレアー型で、裾にミシンステッチが八本巡る。日本赤十字篤志婦人会は明治20年(1887)に結成され、有栖川宮妃の発議で29名の華族の婦人が参加した。11代鍋島直大夫人栄子もその中に名を連ね、初代会長も務めた。

明治時代後期

鍋島栄子  伝来
(上衣)胸囲108.0cm 胴囲84.0cm 後丈49.0cm (スカート)胴囲75.0cm 前スカート丈93.0cm 後スカート丈103.5cm

掲載図録

●「大名から侯爵へ ―鍋島家の華」(平成19年)


掲載図録はこちら(●「大名から侯爵へ ―鍋島家の華」(平成19年))

  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ