収蔵品紹介

青磁三足筆洗

せいじみつあしひっせん

有田で焼かれた青磁の筆洗で、左右二分割の型押しでつくり、草花文を陽刻してはりあわせ、三足をつける。その形は中国の青銅器を模したものである。初代鍋島勝茂の御道具で、大正時代に菩提寺である高伝寺から鍋島家に返納された什物のひとつ。

江戸時代(17世紀)
有田焼
初代鍋島勝茂 伝来
奥行5.5cm 横12.8cm 高さ8.5cm


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ