収蔵品紹介

鉄打出金箔押唐冠形兜

てつうちだしきんぱくおしとうかんなりかぶと

唐様の冠を象った変わり兜。鉢は鉄打出金箔押とし、前正中に径12cmの黒餅を描き、後頭部に巾子形を大きく配する。眉庇には見上げ皺を盛り上げ、鉢の左右に練革金箔押の梶の葉形の脇立をつける。シコロは黒漆塗日根野形六段で、裏は潤塗革貼。桃山から近世初頭にかけて、諸々の形象を象った各種の変わり兜が流行したが、なかでも唐冠形兜は現世支配の高官の荘厳を連想させることから、武将に愛用された。

江戸時代初期(17世紀)


奥行34.0cm 幅30.0cm 総高52.0cm

掲載図録

●「佐賀藩 長崎警備のはじまり」(H24年)


掲載図録はこちら(●「佐賀藩 長崎警備のはじまり」(H24年))

  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ