収蔵品紹介

梨子地矢筈蒔絵鞍・鐙

なしじやはずまきえくら・あぶみ

総体梨子地。鞍の前輪・後輪の表面には数本の矢羽を、金平蒔絵・高蒔絵、金切金、金貝などを用いて表わす。鐙の表は鞍と同文同技。但し胸の上部の梨子地は金粉の平目地様を呈し、中央部は錫粉の梨子地とするため、古作を後世に再加飾した可能性がある。踏み込みの内部は朱漆塗。居木裏面に黒漆書「文禄五年申卯月日(花押)」あり。

文禄5年(1596年) 蒔絵は18世紀


(鐙)長26.5cm 高26.0cm 幅13.4cm (前輪)高25.8cm 馬挟31.7cm 中央幅6.0cm 厚さ3.0cm (後輪)高25.0cm 馬挟39.7cm 中央幅6.5cm 厚さ3.0


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ