佐賀城下探訪会

佐賀城下探訪会【事前予約が必要です】

徴古館が市民団体や行政と構成する「さが城下まちづくり実行委員会」では、城下のまち歩きを通して郷土の歴史を再認識して今後のまちづくりに繋げることを目的に、平成21年度より佐賀城下探訪会を開催しています。
今回は「龍造寺家と鍋島家」をテーマに、両家ゆかりの寺社や屋敷地跡などを10月と12月の2コースに分けて探訪します。
※本年度は例年と異なる形式になっていますので、内容をご確認の上お申し込みください。

■ 第1回 10月20日(日)「東めぐりコース」
 定員に達しましたが、午後のみのご参加は受付中!

■ 第2回 12月  1日(日)「西めぐりコース」
 定員に達しましたが、午後のみのご参加は受付中!

【時間】9:30~16:00(終了時間は予定)
【集合場所】徴古館(佐賀市松原2-5-22)
【定員】各回60名(予約先着順)

 

【参加費】各回2,000円(お弁当・お茶付き/資料代・保険料込み)
【当日の流れ】午前:座学形式の講座/昼食:お弁当とお茶はこちらでご用意します/午後:現地を歩いて探訪!(各回約5㎞の行程です)
詳細(PDF)

 

お申込み方法 【要 事前予約】

電話またはメールにて仮予約ののち、ご入金をもって予約完了となります。
※お申込み時には、傷害保険加入のため、氏名・年齢・住所・電話番号をお伝え下さい。
電話:0952-23-4200 メール:info@nabeshima.or.jp

 

お支払い方法

事前に徴古館に持参いただくか、下記口座までお振込みください。
ゆうちょ銀行 店名:778 口座:(普)1753946
名義:さが城下まちづくり実行委員会(サガジョウカマチヅクリジッコウイインカイ)

 
10月20日(日)第1回 「東めぐりコース」定員に達しましたが午後のみのご参加は受付中!

8代鍋島治茂公により直茂公を祀るために創建され、現在は龍造寺・鍋島両家の方々を祀る松原神社(日峯社)、直茂公が龍造寺隆信公の菩提を弔うために建立した宗龍寺、鍋島家歴代藩主や嫡男による法華経一万部読経の結願石塔や龍造寺家兼公ゆかりの六地蔵がある万部島、中の館の隆信公生誕地、7歳で出家した隆信公が入った宝琳院など。その後、南御堀端を通り、鍋島直茂・勝茂父子により築かれた佐賀城本丸周辺もめぐります。

 

 12月1日(日)第2回 「西めぐりコース」定員に達しましたが午後のみのご参加は受付中!

直茂公寄進の石橋や藤女(直茂室)の造立銘のある三の鳥居が残る與賀神社、光照院(隆信室)ゆかりの光照寺、龍造寺隆信公の養女・妙安尼の菩提所として初代藩主鍋島勝茂公が建立した妙安寺、龍造寺胤家公により建立され、重臣(親類)白石鍋島家の菩提寺でもある本行寺、龍造寺胤久公建立の泰長院、隆信公により龍造寺家安泰のため建立された龍泰寺など。また、城内では龍造寺家と縁深い多久家や諫早家などの屋敷跡を古地図を基にめぐります。

 

ページ上部へ戻る