収蔵品紹介

鍋島緞通 蟹牡丹唐草文 縁七宝繋ぎに小雷文

なべしまだんつう がにぼたんからくさもん ふちしっぽうつなぎにしょうらいもん

鍋島緞通は佐賀城下の扇町で元禄時代に製作が始まったと伝えられ、木綿製の敷物で一畳物が一般的である。江戸時代を通して佐賀藩御用として将軍家への月次献上品にも指定され、一般への売買は禁じられていた。この緞通は房なし、縁七宝繋文で、向き合った蟹牡丹は、白地に紺、青、水色、薄茶。織込糸は短く全体に柔らかい織りで軽く、明治以降の重厚で織り締まった緞通とちがい、江戸時代からの歴史を伝えている。

江戸〜明治時代前期(19世紀)


竪186.8cm 横93.7cm


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ

ページ上部へ戻る