徴古館 館長より

ごあいさつ

東京から佐賀の地に移り8年目の2021年6月に館長に就任いたしました。徴古館が12代直映により佐賀県内初の博物館として創設されてから94年。平成10年の博物館の再開から23年の歳月を重ねてまいりました。昨年からは新型コロナウイルス感染症の流行により、これまで当たり前だったことが大幅に変化し新しい生活スタイルへと変わりました。
開催20回目を迎えた昨年の「佐賀城下ひなまつり」は3月半ばで中止となり、今年は徴古館での企画展「鍋島家の雛祭り」展のみでの展開となりました。令和3年度は雛祭り展を含めて3回の企画展を開催する予定でございます。ご先祖から受け継いだ貴重な歴史資料を今後も大切に守ってゆき、それらをわかりやすく企画展にてご紹介してゆきます。徴古館という博物館を身近に感じていただけるように、訪れてくださる皆様にとって親しみやすい博物館を目指して展覧会やイベントなどを展開してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。(2021年6月)

 

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る