第21回研究助成 研究報告会

第21回 研究助成 研究報告会 【満席になりました】

当財団では平成13年度より佐賀に関する研究に対し公募を行い、毎年数名の研究者・グループに対し助成を行っております。
下記の日程で令和3年度に当財団の助成を受けた3件の研究成果の報告会を開催いたします。
※今回は佐賀城本丸歴史館にて開催します。
※新型コロナウィルス感染予防のため、予定が変更となる場合があります。

■ 月 日:令和4年6月19日(日)
■ 時 間:13時30分~16時
_________(13時受付開始/終了時間は予定)
■ 場 所:佐賀城本丸歴史館 外御書院 三ノ間・四ノ間
_________(佐賀市城内2-18-1)
■ 参加費:200円(資料代)
■ 定 員:50名(要事前予約) 
※ページ下部の「お申込みフォーム」よりお申込みください
⇒満席になりました。

 
※駐車場について(佐賀城本丸歴史館HP)

氏名 (肩書は申請当時) 研究テーマ
丸島 和洋
(東京都市大学 共通教育部 准教授)
佐賀藩士深江氏旧蔵文書の復元による
「家意識」の検討
中西 義昌
(北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員)
東肥前から見た戦国期筑紫氏の研究
―文献・城郭史研究の観点から―
野下 俊樹
西田 尚史、小澤 尚平
松尾 大輝、大重 優花
※(福岡大学大学院 人文科学研究科 史学専攻 博士課程後期)
中世後期有明海沿岸地域の学際的研究
―佐賀平野の構造的特質―

ページ上部へ戻る

トップページへ戻る