イベントのご案内

第17回 鍋島報效会研究助成 研究報告会 【予約不要】

当財団では平成13年度より佐賀に関する研究に対し公募を行い、毎年数名の研究者・グループに対し助成を行っております。
平成29年度に当財団の助成を受けた研究者3名による、研究成果の報告会を下記の日程で開催いたします。

■ 日時:平成30年6月2日(土) 14時~
■ 場所:佐賀バルーンミュージアム1階 レクチャールーム
(佐賀市松原2丁目2-27/徴古館北隣)
※例年は徴古館2階で開催しておりましたが、本年度は「幕末明治の鍋島家 ―大名から侯爵へ」展の開催に伴い、上記会場にて行います。お間違えのないようにご注意ください。
■ 料金:資料代300円


氏名 研究テーマ
多々良 友博 戦前期佐賀県内炭鉱の古洞等に関する基礎データ整備
山崎 頼人
(小郡市埋蔵文化財調査センター 主査)
環有明海地域における弥生時代の日韓交流
~交流拠点としての環有明海地域の評価~
佐藤 大規
(広島大学総合博物館 学芸職員)
佐賀藩および親藩等における御殿建築の変遷

 

お名前 *
ふりがな(お名前) *
郵便番号 *
 (半角数字、ハイフン(-)なし)
都道府県 *
ご住所 *
住所1:
住所2:
電話番号 *
メールアドレス *

 (確認用)
年齢 *
 (半角数字)
性別 *