イベントのご案内

徴古館再開20周年 来館者プレゼント

当館は鍋島家12代当主直映公により昭和2年(1927)に創設された佐賀県内最初の博物館です。
開館当初は、肥前関係の古文書・古器物を陳列し、今日の県立博物館のような役割を果たしていましたが、昭和20年には戦局の悪化に伴い閉館を余儀なくされました。やがて平成9年に至り建物が国登録有形文化財となり、翌年6月16日に約半世紀ぶりに博物館として再開を果たしました。さらに平成12年には、鍋島家より国宝・重要文化財を含む貴重な資料を当財団にご寄贈いただきました。
お蔭様で、これまで84回の企画展を通じて、佐賀藩主・侯爵鍋島家伝来の品々を約45万人の方々にご覧いただきました。

今年6月16日(土)に再開から20周年を迎えるのを記念し、これまでの感謝の意を込めて、当館の展覧会の柱として親しまれています「鍋島家の雛祭り」展の関連図録『鍋島家の雛あそび』を、ご入館された先着100名様に進呈いたします。


【日時】
平成30年
6月16日(土) 9:30(オープン時)~(なくなり次第終了)

【記念品】
鍋島家伝来の雛人形・雛道具をすべて収録した図録『鍋島家の雛あそび』をご来館の先着100名様に無料進呈。(但し、1家族あたり1冊まで)

【展示内容】
現在開催中の
特別展「幕末明治の鍋島家 ―大名から侯爵へ」は、この日(6月16日)から新たに第2期展がスタートします。11代鍋島直大公が着用した幕末期の和洋折衷の軍服は11年ぶりの公開。また今年3月に九州の工芸品としては唯一、新たに国重要文化財の指定を受けた「色絵椿文輪花大皿」は、東京国立博物館でのお披露目後、佐賀での初公開となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お名前 *
ふりがな(お名前) *
郵便番号 *
 (半角数字、ハイフン(-)なし)
都道府県 *
ご住所 *
住所1:
住所2:
電話番号 *
メールアドレス *

 (確認用)
年齢 *
 (半角数字)
性別 *