イベントのご案内

  佐賀市歴史まちづくりシンポジウム 【参加無料/事前予約が必要です】

徴古館2階ホールにて、佐賀市歴史まちづくりシンポジウムを開催します。
2部構成で、第1部では(1)佐賀市歴史的風致維持向上計画(平成24年 策定)に基づく佐賀市の取り組みを佐賀市から、(2)徴古館が核となり市民団体や行政と構成する「さが城下まちづくり実行委員会」の佐賀城下探訪会などの取り組みについて当館主任学芸員 富田紘次がご紹介します。
第2部では「歴史資産を活かしたまちづくり」についてパネルディスカッションを行います。コーディネーターは荒牧軍治氏(佐賀大学名誉教授/佐賀市歴史まちづくり協議会会長)。佐賀城下での歴史まちづくりに積極的に取り組む下記キーマン5人をパネリストに迎え、それぞれの取り組みを報告するとともに、会場のみなさんと一緒に歴史まちづくりについて語り合います。
詳細(PDF)

 


パネリスト
高瀬 哲郎 氏 
石垣研究機構 代表/構口公園整備検討委員会 委員
村井 禮仁 氏 恵比須DEネットワーク 代表
平川 陽一 氏 柳町旧久富家(こねくり家 店長)
武廣 正純 氏 株式会社とっぺん 取締役会長(旧枝梅酒造活用予定者)
川﨑 康弘 氏 さがクリークネット 代表


【月 日】 平成29年11月26日(日)
【時 間】 13:30~16:00
(13:00開場)
【場 所】 徴古館 2階ホール(佐賀市松原2-5-22)
【定 員】 80名

【予 約】 電話またはメールにてお申込み下さい。
電話: 0952-23-4200 メール
:info@nabeshima.or.jp
【主 催】 さが城下まちづくり実行委員会、佐賀市

 

佐賀城下探訪会 【事前予約が必要です】

徴古館が市民団体や行政と構成する「さが城下まちづくり実行委員会」では、文化庁の支援により、地域史の掘り起しを目的とした「古地図で佐賀城下の魅力再発見!」に取り組んでいます。その一環として、城下のまち歩きを通して郷土の歴史を再認識し、今後のまちづくりに繋げることを目的に、平成21年度より佐賀城下探訪会を開催しています。従来は9月~12月に4回開催していましたが、平成29年度はすでに5月に第1回目を行いましたので、10月~12月に3回開催します。
詳細(PDF)

  • 第2回「佐賀藩 初代藩主と子供たち」【終了】
  • 3回「小城鍋島家の歴史と史跡バスツアー」
  • 第4回「佐賀城下の水系 西めぐり」

【集合場所】 徴古館(佐賀市松原2-5-22)
※お弁当やお飲み物等は各自でご持参ください。

 




要事前予約
特に第3回は員に達し次第受付け終了となりますので、お早めにお申し込みください。

【お申込み方法】 電話・メールまたは下記フォームより受け付けています。
お申し込み時には、傷害保険加入のため氏名・年齢・住所・電話番号をお伝えください。
電話:0952-23-4200 メール:info@nabeshima.or.jp


10月1日(日) 「佐賀藩 初代藩主と子供たち」【終了しました】

■ 時間:9時30分~16時(終了時間は予定)
■ 参加費:500円
■ 概要:初代佐賀藩主鍋島勝茂公の長男・元茂公が最初の分家である小城鍋島家を創設し、今年で400年を迎えます。これを機に、勝茂公と子供たちゆかりの地を探訪。勝茂公の嫡男忠直公の早世により、2代藩主はその子光茂公が継ぎましたが、忠直公以外の息子たちの多くは分家を創設し、姫君は藩内の重臣家に嫁ぎました。
勝茂公が佐賀城や城下を整備した時期の様子を表した古地図を片手に、城内をはじめ、勝茂公の四男直弘公を祖とする白石鍋島家の菩提寺・本行寺などを探訪します。

 

11月5日(日)「小城鍋島家の歴史と史跡バスツアー」【満席になりました】

■ 時間:8時30分~17時
(8時30分にはバスが出発しますので、ご注意ください。終了時間は予定)

■ 参加費:2,000円
定員:100名【満席になりました】
■ 概要
:勝茂公の長男・元茂公による小城鍋島家創設から400年を記念して、今回は数々の寺社や史跡が残る小城のまちで、小城鍋島家ゆかりの地をめぐります。
桜城館では、解説を聞きながら元茂公の特別展を観覧。元茂公が桜の木を植え、茶屋を設けたことにはじまるとされる小城公園、鯖岡小路の町並みなどを楽しみながら、古地図を片手に小城の城下町を歩きます。また、小城鍋島家菩提寺で小城市史跡となっている星巌寺や玉毫寺、小城最古の寺院である円通寺、関ヶ原の戦いで西軍についた鍋島家を救った閑室元佶禅師開山の三岳寺などを探訪。休憩時間には小城羊羹のお店でお土産を買うこともできます。

 

12月3日(日)「佐賀城下の水系 西めぐり」

■ 時間:9時30分~16時(終了時間は予定)
■ 参加費:500円
■ 概要:昨年度の探訪会では、「東めぐり」として佐賀江など佐賀城下周辺東部の水運ルートを探訪しましたが、今回は城下西部をめぐります。城下の外堀の役割をもった十間堀川や、地域住民の暮らしの水だった多布施川、鍋島直茂公が龍造寺高房公の菩提を弔うために創建した天祐寺に由来する天祐寺川など。現在は細い川となった本庄川では、古地図をもとにかつての雄大な川幅をイメージします。

 

お名前 *
ふりがな(お名前) *
郵便番号 *
 (半角数字、ハイフン(-)なし)
都道府県 *
ご住所 *
住所1:
住所2:
電話番号 *
メールアドレス *

 (確認用)
年齢 *
 (半角数字)
性別 *
    
参加ご希望の回 *
 12月3日「佐賀城下の水系 西めぐり」