展覧会

次回の企画展 

 鍋島直茂公没後400年記念

「藩祖鍋島直茂公と日峯社」

■ 会期:平成29年 5月29日(月)-7月29日(土)    
開館時間:9時30分-16時
休館日:日曜・祝日
入館料:300円(小学生以下は無料)

 

戦国時代に肥前を領した龍造寺隆信公の戦死後は、隆信公のもとで武功を重ねていた義兄弟にあたる鍋島直茂公が国政をリードしました。文禄・慶長の役への出陣、家臣団統制や城下の整備などを行い、佐賀藩主としての鍋島家の地歩を固めました。
江戸時代の中ごろ以降、その言行は武士道論「葉隠」でも回顧され、歴代藩主の藩政運営においても重視され、明和9年(1772
)には直茂公(日峯明神)を祀るため8代藩主鍋島治茂公により日峯社(現在の松原神社)が創設されました。本展では直茂公の没後400年を機に、藩祖としての業績と後世における藩祖顕彰の様相を探ります。

   

おもな出品資料


朝鮮軍陣図屏風
 
鍋島直茂像
 
龍造寺隆信像

葉隠(山本本)
 
水ヶ江御城図
 
井戸大茶碗

豊臣秀吉書状
 
 
鍋島更紗花篭図掛軸

豊臣秀吉朱印状
 
肥前国龍造寺藤八郎知行割之事(写)
 


明三彩盤