収蔵品紹介

白綸子地紗綾形花卉模様打掛

しろりんずじさやがたにかきもよううちかけ

白綸子地に紗綾形を具の目に、その間間に牡丹・菊・藤それぞれの花束模様を配する。空間を埋め尽くすように刺繍と摺匹田で模様を表わす。規則的な幾何学模様である紗綾形は摺匹田で表わすが、縁取りの刺繍糸を一つおきに金糸と赤糸とに変えている。武家女性の小袖類に典型的に見られる紗綾形と植物模様の組み合わせだが、整然としていながらも単調さを感じさせない。

江戸時代後期


丈177.0cm 裄63.0cm

掲載図録

●「大名から侯爵へ ―鍋島家の華」(平成19年)


掲載図録はこちら(●「大名から侯爵へ ―鍋島家の華」(平成19年))

  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ