今年度の展覧会

佐賀県内の博物館第一号として昭和2年(1927)に開館した徴古館。その建物と館名は90年を経た今にも継承され、企画展を通じて佐賀藩主・侯爵鍋島家伝来品をご覧頂けます。
日常とは区切られた空間での逸品との出会いにご期待ください。

  

(パノラマ画像の展示品は、過去のものです)

開催中の展覧会

肥前さが幕末維新博覧会 特別展
「幕末明治の鍋島家 ―大名から侯爵へ」展

 

平成30年に明治維新から150年を迎えることを記念し、佐賀県内各地で「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されます。これに合わせて徴古館では鍋島家伝来品による特別展「幕末明治の鍋島家 ―大名から侯爵へ」を開催します。
長崎港の警備などに力を注いだ10代佐賀藩主鍋島直正公の時代、そして11代直大公や栄子夫人が活躍した侯爵鍋島家の時代を中心に、直筆の手紙や愛用品などから、その人となりと鍋島家の歴史に迫ります。

会期:平成30年3月17日(土)~平成31年1月14日(月・祝)
【時 間】 9時30分~18時(最終入場 17:30)
【料 金】 400円(高校生以下無料)
【休 館】 年末年始
※開館時間や入館料が通常と異なりますのでご注意ください。

会期中は、以下の日程で会期を分けて展示品の入れ替えを行います。

  • 第1期 4月16日(月)~6月15日(金) 
  • 第2期 6月16日(土)~8月24日(金)
  • 第3期 8月25日(土)~11月5日(月) 
  • 第4期 11月6日(火)~1月14日(月・祝) ※年末年始は休館 【現在開催中】

現在見られる資料

(★印の資料は、展示するページや内容を順次入れ替えます)


仮装舞踏服
 


仮装舞踏服

 
催馬楽譜

 

紅梅に鷹模様紙挟
(貢姫手細工)
 
鴛鴦模様紙挟
(盛姫手細工)
 
叢梨子地葵紋散
葵唐草蒔絵沈割箱


松図襖

 
萌黄地御所解文様小袖
 
紅地杏葉唐草文様直垂

黒漆塗裏白南天譲葉
蒔絵食籠
 
黒漆塗葵紋付行器
 
暮春浴泉雑作
(直正書)

篳篥
 
龍笛

 

任式部長辞令
 
新式唱歌譜


 
鍋島夏雲日記

鍋島栄子像
 
鍋島直大像

 
築地大銃製造方之図

蒸気船雛形
(外輪船)
 
蒸気車雛形
 
蒸気船雛形
(スクリュー船)


菊御紋付牡丹孔雀象嵌
銀製花瓶

 


菊御紋玻璃コップ・磁器盃

 
菊御紋付銀盃

含珠焼 杏葉紋透し花瓶
 
 ボンボニエール

 
徳永傳之助宛て
鍋島直正書簡

葉隠(山本本)
 
杏葉紋付円鏡
 
青漆塗萌黄糸威
二枚胴具足

豊臣秀吉朱印状
 
内外収集標本箱

 
貢姫宛て鍋島直正書簡

色絵山水竹鳥文
輪花大皿
 


色絵茶碗 台共

 
色絵椿文輪花大皿

 

第85回展「鍋島家の雛祭り」

会期:平成31年2月11日(月・祝)~3月31日(日) 
(※会期中無休/開館時間10時~17時)

明治から昭和初期の侯爵鍋島家歴代夫人が愛しんだおひなさまをご紹介する恒例の雛祭り。古写真をもとに往時の雛祭りにならった幅6mと5mの大雛壇は、豪華で品格を兼ね備えています。大雛壇の迫力と御人形の愛らしさ、細やかな雛道具の世界を存分にご堪能ください。