収蔵品紹介

葉隠

はがくれ

江戸時代を代表する武士道論。佐賀藩士・山本常朝(1659-1719)の談話を、田代陣基(1678-1748)が聞き書きして編集し全11巻として享保元年(1716)に完成した。内容は、教訓(1・2巻)、藩祖直茂・初代勝茂・2代光茂・3代綱茂などの言行(3~5巻)、佐賀藩士の言行(6~9巻)、他藩士の言行(10巻)、補遺(11巻)の各巻で構成されている。葉隠の原本は知られておらず多数の写本があるが、写真は山本本と呼ばれる写本で、佐賀藩「御什物方」印が押されている。

江戸時代
田代陣基

竪25.8cm 横18.5cm

掲載図録

●図録「御城下絵図を読み解く」(平成22年)


掲載図録はこちら(●図録「御城下絵図を読み解く」(平成22年))

  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ