収蔵品紹介

鼈甲製菊花鉢植棚飾

べっこうせいきっかはちうえたなかざり

蕾や満開のさまをあらわした、本物と見まがうばかりの菊花は鼈甲製。花や茎、葉とで模様の異なる鼈甲を効果的に用い分けている。土はメノウ石。木製の鉢には金平蒔絵で菊折枝と小葵模様をあらわしている。明治39年(1906)4月18日、 皇后(昭憲皇太后)が沼津御用邸より御帰りの際に天皇へ献上された棚飾である。その後、明治天皇の御遺物として大正元年12月29日に朝香宮第一王女 紀久子が拝領し、昭和6年に13代鍋島直泰へ降嫁する際に婚礼調度として持参している。

明治時代(19-20世紀)

鍋島紀久子 伝来
総高45.6cm (台)竪13.7cm 横27.3cm 高さ15cm


  • 収蔵品トップへ
  • 収蔵品一覧へ
  • 前の収蔵品へ
  • 次の収蔵品へ